エコ活動(ゴミ拾いに行きました。) 【学童保育】 2019-08-02 18:27 UP!

今日は児童館周辺を4年生~6年生の出席した11名の子ども達とエコ活動(ゴミ拾い)に行きました。
今日は児童館周辺を4年生~6年生の出席した11名の子ども達とエコ活動(ゴミ拾い)に行きました。
暑い日差しが照りつける中、児童館の前の道は非常にたくさんの“たばこの吸い殻”が落ちており、子ども達も“ウワァーこんなにいっぱい落ちている”と愕然としながら拾ってくれました。
暑い日差しが照りつける中、児童館の前の道は非常にたくさんの“たばこの吸い殻”が落ちており、子ども達も“ウワァーこんなにいっぱい落ちている”と愕然としながら拾ってくれました。
日陰があるところは少しでも涼しいところを歩いていきます。
住宅の中を歩いた時にはほとんどゴミらしいゴミが落ちていなくて“ここはきれいな!”と話していました。
日陰があるところは少しでも涼しいところを歩いていきます。
住宅の中を歩いた時にはほとんどゴミらしいゴミが落ちていなくて“ここはきれいな!”と話していました。
春日野道駅から児童館へ向かう歩道です。
子ども達の目に留まったのはフェンスの向こう側に落ちている缶やペットボトルのゴミです。
春日野道駅から児童館へ向かう歩道です。
子ども達の目に留まったのはフェンスの向こう側に落ちている缶やペットボトルのゴミです。
ゴミ拾いをしているときに、“わぁ、カニが死んでる”“どうしようかな”“児童館に持って帰って埋めたら”“俺が埋めたるわ”と予期せぬ出会いに素敵な会話が交わされました。
ゴミ拾いをしているときに、“わぁ、カニが死んでる”“どうしようかな”“児童館に持って帰って埋めたら”“俺が埋めたるわ”と予期せぬ出会いに素敵な会話が交わされました。
はーい、こっちにもゴミがあったよ!とばかりに万能ばさみでゴミを挟んで持ってきてくれました。
はーい、こっちにもゴミがあったよ!とばかりに万能ばさみでゴミを挟んで持ってきてくれました。
フェンスの向こう側の取りにくいゴミに立ち向かうのは男の子達。
私もそうでしたが、こういう時の男の子って“意地でも取ってやる!!”って燃えるんですよね。
フェンスの向こう側の取りにくいゴミに立ち向かうのは男の子達。
私もそうでしたが、こういう時の男の子って“意地でも取ってやる!!”って燃えるんですよね。
ゴミ袋には燃えるゴミはもちろん、缶・ビン・ペットボトルが集められました。
帰ったら種分け作業が待ってます。
ゴミ袋には燃えるゴミはもちろん、缶・ビン・ペットボトルが集められました。
帰ったら種分け作業が待ってます。
帰ってきたら石鹸で手を洗って、乳酸飲料とプチゼリーを食べながら振り返りです。
地域のゴミ拾いをしながら、いろんなことを感じてくれたようで、行ってよかったです。
帰ってきたら石鹸で手を洗って、乳酸飲料とプチゼリーを食べながら振り返りです。
地域のゴミ拾いをしながら、いろんなことを感じてくれたようで、行ってよかったです。

8月2日(金)

今日はエコ活動ということで、小学4年生~6年生までの児童11名と一緒にゴミ拾いに行きました。

10時45分から20分程度でしたが、厳しい日差しがさす中軍手や万能ばさみで色々なごみを拾ってくれました。

帰ってきてから、ご褒美として“乳酸飲料とプチゼリー”を食べながら、振り返りを行ないました。

振り返りの時に数人のお友達から

“車道のところにたくさんたばこが落ちていた”

“マンションのところはゴミが落ちていなくてきれいだった”

“捨てる人がいなかったら、こんなにたくさんのごみが集まらなかった”など行ってくれました。

それぞれに思ったこともあったようですが、次回は秋に3年生も一緒に2グループに分かれて行い、高学年が先導してもらえるような“仕掛け”作りを考えています。

戻る