令和2年5月22日

保護者の方へ

神戸市

緊急事態宣言解除後の保育所等の利用について

 このたび、兵庫県は発令されていた新型コロナウイルスに対応する緊急事態措置を実施すべき区域から除外されました。この間、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、保護者の皆様には家庭での保育にご協力をいただきありがとうございます。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症が終息したわけではなく、再度の拡大に備えて、感染対策の定着を図っていく必要があります。

 保護者の皆様には、そのようか保育所等の状況をご理解いただいたうえで、下記のとおり保育所運営にご協力をお願いします。なお、今後状況に変化があった場合は期間を変更する場合があります。



1.令和2年5月31日(日)まで
 特別保育の期間については、以前からお伝えしておりましたとおり、5月31日に終了します。緊急事態措置を実施すべき区域からの除外に伴い、保護者の勤務再開などにより保育が必要となった方については、特別保育の対象として保育所等をご利用いただけますので、ご利用されている施設まで特別保育申出書の提出をお願いします。(既に提出いただいている方については改めての提出は不要です)。


2.令和2年6月1日(月)
 登園率の急激な上昇を抑え、感染対策を徹底するため、6月14日まで可能な限り、家庭保育を行っていただきますよう要請します。育児休業中や求職活動などの場合で保育サービスを必要としない(例:求職活動を行なっていない)時間帯については、引き続き家庭保育へのご協力をお願いします。

3.保育料の取り扱い

家庭保育を要請している6月14日までの期間は、家庭保育にご協力いただいた日数分の保育料を減額します。 

4.登園にあたってのお願い

・登園前にご家庭で健康観察、検温をお願いします

・発熱(37.5℃以上)や風邪の症状がある場合は登園させないでください

・登園後に発熱や普段と様子が違う等、体調の変化が見られる場合はお迎えに協力してください

・子どもさんが発熱した際は解熱後24時間以上経過してから登園してください

・保護者の方が入室する際は手指の消毒をお願いします

・保護者の方はマスクの着用をお願いします

 

5.育休からの復職期限

 4.5月入所の方の育児休業からの復職期限については7月1日までに延長しておりましたが、この期限については変更ありませんので、施設と慣らし保育の期間等を相談いただき、7月1日までに復職をお願いします。

担当:幼保振興課・幼保事業課 078(331)8181
特別保育に関する事:内線 4864・4866
保育料に関する事:内線 4841・4861

登園にあたってのお願いに関する事:内線 4871・4872

6月号のおたよりを6月1日に発行します。

それに伴い、おたよりに掲載する6月生まれのお友だちのお誕生日アンケートの回答を、6月お誕生児の保護者の方にお願いしたいと思います。

締切は5月25日(月)です。

今年は…「今、お子さまが大好きなものは、な~に~?(ご飯や遊び、その他何でも!)」(24文字以内)です。
保育園へ電話かFAX、またはメール
で回答をお願いします☆

本ページ下段にある「アクセス」に電話・FAX番号・メールアドレスを掲載しています。

締切まであまり時間がありませんが、楽しいアンケート回答をお待ちしています♪

よろしくお願いします!

神戸市から「特別保育期間5月31日まで継続のお知らせ」 【園からのお知らせ】 2020-05-18 13:14 UP!

《神戸市ホームページより》

新型コロナウイルス感染症対策における

神戸市の対応方針 第7弾(改訂)

令和2年5月15日

 「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下、「法」という。)に基づく政府の「緊急事態宣言」について、昨日、緊急事態措置を実施すべき区域が変更されたが、兵庫県については、引き続き、「特定警戒都道府県」として5月31 日までの間、対象区域とされている。
 本市における感染状況を見ると、5月以降、新規感染者数(確定日別)が数名にとどまっているほか、その感染経路についても判明している。これまでの市民・事業者等の外出自粛の成果によるものと評価される一方、感染の再拡大を防ぐためにも、これまでの感染拡大防止のための取組みを継続していくとともに、市民の健康的な生活を維持するための対応も必要である。
 このため、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針及び兵庫県の「新型コロナウイルス感染症に係る兵庫県対処方針」が変更されたことを踏まえ、4月28 日に決定した対応方針第7弾の一部を以下のとおり修正する。

1.医療提供体制の確保

 現在、病院や宿泊療養施設に入院・入居している患者数は132人である。今後のさらなる感染拡大の可能性を十分考慮し、さらなる病床の確保に努め、今月中に市内の医療機関に約120床を確保するとともに、入院後、軽症あるいは無症状であることが確認された患者の宿泊療養施設についても現在のニチイ学館(100室)に加え、新たにホテルパールシティ神戸(200室)の運用を4月30日から開始する。
 短期間に感染症患者が急増する場合には、入院調整に時間を要する場合も想定されることから、ホテルパールシティ神戸については、軽症・無症状者についての「入院前の滞在施設」としても活用し、できる限り患者の自宅待機が発生しないような運用体制を構築する。
 特に重要となる重症者(現在、10人)の病床については、中央市民病院を中心に最大50床確保することとする。
 感染リスクと隣り合わせで働く医療従事者に対する感謝の気持ちを表すための「こうべ医療者応援ファンド」や「#LightItBlue」などの活動を促進するとともに、医療従事者や感染者、その家族に対する不当な偏見や差別を防止するための啓発を進める。

2.外出自粛のさらなる徹底

 感染拡大防止のためには、人と人との接触機会を8割削減する必要がある。これまでの取組みにより、休日を中心に中心市街地の外出抑制は概ね8割程度達成できている一方、商店街やスーパー、公園においては、平常時よりも人出が多くなっている場所もあることから、さらなる外出自粛の徹底とともに、人と人との距離の確保が必要である。
 特にゴールデンウィーク期間中、帰省や旅行、観光地などへの移動や外出を行わないよう、県や県内の市町と連携し、市民に強く呼び掛ける。
 また、平日については、外出自粛が十分ではないことから、さらなる在宅勤務(テレワーク)やローテーション勤務などへの取り組みを強く要請する。
 区役所への来庁は控え、やむを得ない場合も来庁前に電話をするよう求める。

3.市立学校園の臨時休業

 市立学校園について、5 月31 日まで臨時休業期間を延長する。
 児童生徒が登校できない期間が長期化することから、休業期間中の家庭学習を支援する取り組みや児童生徒の生活状況等の把握、相談体制の確保に一層努める。登校可能日を5 月20 日から29 日の間に2回設定し、希望する児童生徒に対し、感染防止対策を徹底したうえで、学習状況等の確認や学習指導を行う。
 休業期間中、長期に渡って給食が中止されている状況をふまえ、経済的に配慮を要する就学援助世帯(生活保護世帯を除く)への食品送付を緊急援助として実施する。
 幼稚園、小学校、義務教育学校前期課程について、医療従事者や警察、消防、介護等社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方など真に止むを得ない場合に限り受入れを行う「特別受け入れ」の実施期間を5 月31 日まで延長する。

4.保育所・学童保育施設等の特別保育の延長

 保育所・認定こども園・地域型保育事業・学童保育施設について、医療従事者や警察、消防、介護等社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方など真にやむを得ない場合に限り受入れを行う「特別保育」の実施期間を5月31日まで延長する。

5.高齢者施設、障害者施設等における感染防止の徹底

 重症化するリスクの高い高齢者、障害者に関する施設について、感染防止対策の厳重な徹底を改めて確認するとともに、通所・短期入所サービス利用者については、複数の事業所を利用しないなど可能な限り利用の自粛を要請する。

6.経済対策の実施

 4月20日に閣議決定された「特別定額給付金(仮称)」事業について、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援につなげるため、5月中の申請書送付及び給付開始を目指す。
 経済活動の急速な縮小により疲弊している市内事業者を全力で支援するため、特に緊急を要するものを補正予算(第1弾)として編成する。

(主なもの)
(1)休業要請等を行った中小法人及び個人事業主を対象にした「経営継続支援金」を県と協調して実施する
(2)ビルオーナーによる中小企業の店舗の家賃軽減を促すため最大200万円を補助する
(3)中小企業が事業継続や売上向上のために行う新たな取り組みに対して最大100万円を補助する

7.市有施設・都市公園の扱い

 現在、閉鎖・閉館している市有施設のうち、市立図書館については、閉鎖を継続するが、5 月16 日から予約図書の貸出しのみを行う。
 博物館、美術館については、感染防止に十分な措置を講じたうえで、5月19日から、その利用を一部再開する。
 また、有料都市公園等について、5 月18 日より順次、開園する。屋外運動施設についても、更衣室等は閉鎖のうえ、5 月18 日から順次再開していく。
 各区の文化センター、地域福祉センター等の貸会議室については、利用方法を限定するなど感染防止に十分な措置を講じたうえで、5 月19 日から順次その利用を一部再開する。
 その他の市有施設については、現行の閉鎖等の措置を5月31 日まで延長する。

8.イベント等について

 5月31日までの間、市主催イベントや会議等については、開催を延期・中止するとともに、その他のイベントについても、開催の自粛を強く呼びかける。

9.市営地下鉄・市バスの減便

 休日における利用減少の状況を踏まえ、さらなる往来自粛を促すため、5月2日から当分の間、土日祝日における運行本数について、市営地下鉄は概ね2割、市バスは主要6路線で概ね4割の減便を行うとともに、観光客のご利用が多い路線(25系統)については約5割の減便を行う。
 平日については、減便を行わない。

5月9日の土曜日閉園のお知らせ 【緊急連絡】 2020-05-08 15:43 UP!

多くのご家庭で家庭保育のご協力をいただき、明日5月9日の土曜日は登園児がいないため、保育園を閉園します。

尚、緊急の連絡がありましたら「園携帯」へご連絡をお願いします。

(※電話番号はしおりに掲載しています。)

神戸市から特別保育期間延長のお知らせ 【緊急連絡】 2020-04-28 18:06 UP!

令和2年4月28日

保護者の方へ

神戸市

保育所・認定こども園の特別保育期間を延長します

 本市において、保育所・認定こども園における感染拡大防止をより一層徹底し、子どもの命を守るため、4月14日から5月6日まで、真にやむを得ない場合に限り受け入れる特別保育に移行してしました。
 しかしながら、緊急事態宣言以降も一定数の感染者が発生し続けているほか、医療機関において感染者が継続的に発生するなど、引き続き予断を許さない状況にあり、緊急事態下における感染拡大を食い止めるために、引き続き、外出自粛の取り組みを徹底する必要があることから、下記のとおり特別保育期間を延長します。
 この期間につきましては、引き続き、できる限りお仕事などの都合をつけていただき、原則として家庭での保育をお願いします。
 やむを得ない事情により保育の利用を希望される方は、特別保育申出書の提出が必要ですが、既に提出いただいた方については改めての提出は不要です。
 なお、保育料については5月31まで保育所等を利用されていない期間はかかりません。今後状況が変わりましたら神戸市ホームページでお知らせします。



1.特別保育延長期間
令和2年5月7日(木)から5月31日(日)
状況によって変更する可能性があります。

2.特別保育対象者
医療従事者や警察、消防、介護等社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方など真にやむを得ない場合に限り受け入れ

3.施設からの連絡
家庭保育の協力をいただいている世帯には、園児の様子や健康調査の連絡を施設より行うことがあります。園児の居所が変わる場合には、施設まで連絡をお願いします。

※神戸市では子育てに関する相談ダイヤルを設けています。子どもの育て方について、不安を感じたらご連絡ください。
※特別保育期間中に子どもを保育するため有給の休暇(年次有給休暇を除く)を取得された事業主に対する助成金の制度があります。雇用主の方などにお伝えいただければと思いますので、参考までにお知らせします。

担当:幼保振興課・幼保事業課 078(331)8181
特別保育に関する事:内線4864・4866
保育料に関する事:内線 4841・4861

ハイチーズ販売について 【園からのお知らせ】 2020-04-27 12:12 UP!

2019年度1月から3月分の写真販売です。

期間 4月22日から5月31日まで。

認証キーは、2019年度前回分と同じです。

特別保育期間中の誕生会・諸費ついて 【園からのお知らせ】 2020-04-20 10:10 UP!

●特別保育期間中の誕生会について
特別保育期間中の誕生会は中止します。また、その月の誕生児のお祝いは、登園された時に順次、各クラスでお祝いをする予定です。

●特別保育期間中の諸費について

衛生用品リース代、主食費、副食費、アルバム代(5歳児のみ)の諸費ですが、いったん保護者様にはお支払いいただき、後ほど利用されていない月については返金を考えております。返金についての詳細は決まり次第ご連絡します。

 

特別保育期間中の保育について 【緊急連絡】 2020-04-15 11:24 UP!

特別保育期間の保育についてのお知らせとお願いです。

 

①期間中(4月14日~5月6日)の土曜日保育のお知らせ

 

多くのご家庭で家庭保育のご協力をいただき、土曜日に登園児がいないため、期間中の土曜日(4月18日.25日.5月2日)は保育園を閉園します。

尚、緊急の連絡がありましたら「園携帯」へご連絡をお願いします。

(※電話番号はしおりに掲載しています。)

 

②登園についてのお願い

 

期間中に登園されるお子さまにつきましては、マスク着用で登園してください。感染症予防のためご協力よろしくお願いします。

 

 

 

 令和2410

保護者の皆様へ

 

神 戸 市

 

 

保育所・認定こども園等を特別保育へ移行します

 

 新型コロナウイルス感染症が拡大している状況に鑑み、保育所・認定こども園等における感染防止をより一層徹底し、子どもの命を守るため、414日(火)から56日(水)まで、真にやむを得ない場合に限り受け入れる特別保育に移行します。

 できる限りお仕事などの都合をつけていただき、原則として家庭での保育をお願いします。

 また、真に保育が必要な方については、施設まで特別保育申出書を提出いただきますようお願いいたします。

 なお、保育料については、56日までの間で保育所等を利用されていない期間はかかりません。今後状況が変わりましたら神戸市ホームページにてお知らせいたします。

  

  

1.特別保育実施期間

 

令和2414日(火)~56日(水) 

 

2.特別保育の対象

 

医療従事者や警察、消防、介護等社会の機能を維持するために就業を継続することが必要な方など真にやむを得ない場合に限り受け入れ 

 

3.施設からの連絡

 

家庭保育の協力をいただいている世帯には、園児の様子や健康調査の連絡を施設より行うことがあります。園児の居所が変わる場合には、施設まで連絡をお願いします。

 

担当:幼保振興課・幼保事業課 078-331-8181

   特別保育に関する事 内線4864・4866

   保育料に関する事  内線4841・4861

 

園より感染症対策のお知らせとお願い 【緊急連絡】 2020-04-09 14:05 UP!

 

202049

 

社会福祉法人 住吉むつみ会

 

 

 

新型コロナウイルス感染症対策について

 

お知らせとお願い

 

政府の「緊急事態宣言」を受け、神戸対応方針が時と出されているところです。

 

その中で「保育園等について 市立、私立とも、臨時休業は行わないが、感染防止のから可能な限り家庭保育をく要請する。」また、厚生労働省からも「運営の規模縮小」の通達がありました。

 

このことから、下記のにご理解、ご協力をいただきますようお願いします。

 

 

 

●原則、保育園は開園していますが、保育の基本理念から考えて、園児同士、職員との濃厚接触が頻繁に行われているのが日常です。環境配慮(消毒、戸外活動、窓開放、職員の手洗いマスク着用、外来者対応等)を実施しているとは言え、感染リスクは大いに考えられます。上記の通り、お子さまを感染から守るためにも可能な限り家庭保育を強く要請させていただきます。ご協力ください。

 

 

 

送迎時のマスク着用、手指アルコール消毒、保育室からは速やかに退室等ご協力ください。

 

登園のお子さまにも出来る範囲でのマスク着用をお勧めします。

 

 

 

●送迎時に付き添いのご兄弟、小学生の方もマスク着用の無い場合は、保育室には入らず玄関コーナーで待つようにご指導ください。

 

 

 

今後の各行事、環境について

 

423()のお誕生について

 

 保護者不参加で各クラス毎の小規模の会に内容を変更します。ご予定されていた4月生まれ誕生児の保護者様には誠に申し訳ありませんが、ご了承ください。

 

417日(金)造形活動427日(月)育活動お休みします。 

  

平日朝夕のボランティア、職員による門前の安全見守りを休止します。

 

613日(土)予定の運動

 

 当日までの遊びの積み重ねが出来るのか等、職員全体で検討中です。決定次第お知らせします。

 

 

 

●その他

 

・担任との連携は大切にしながらも、保護者同士の園内での立ち話等は距離感を持って、必要範囲でお済ませください。

 

・日々の保育も感染防止に向けて工夫して対応していきます。今後とも色々とご協力をお願いします。